水納島をご存知でしょうか?

水納島は、みんなしま、もしくは、みんなじまと読みます。

沖縄県国頭郡本部町に属する島になりますが、沖縄本島の沖合、北西1.5kmに位置する珊瑚礁に浮かぶ標高26.9m、面積0.47km2の三日月型の小さな島になります。

この三日月型の水納島を上空から観察すると、クロワッサンに見えることから、別名を”クロワッサンアイランド”と呼ばれております。

その”クロワッサンアイランド”には、現在、40人ほどが住んでおります。

人口が40人?!とビックリされませんでしたか?

実は、水納島は、かつては無人島だったのです。

水納島の歴史を紹介しますと、その昔、水納島は、”メンナノ御嶽”として聖域とされていたとのことです。

1903年、瀬底島から13戸が水納島に移住して製糖業に従事したことが水納島の始まりになるのですが、水資源が乏しかったことから、水の無い島と呼ばれておりました。

その水の無い島が、いつの間にか水納島と呼ばれるようになったとのことです。

因みに、現在も水は無いままですので、沖縄本島から供給されております。

水納島の代表的な産業は、ダイビングやシュノーケリングの観光業をはじめ、大根、人参、西瓜栽培を行う農業、畜産業となっております。

中でも、観光業は大盛況です。

年間60000人を超える観光客が居り、南国の海を満喫されております。

そんな水納島へは、美ら海水族館から船で片道15分。

沖縄北部まで足を伸ばしたあとは、ぜひ、ダイビングしに水納島へ寄ってみてはいかがでしょうか?

Comments Off on 沖縄で人気のダイビングスポットは水納島

Comments are closed.